委員長方針

総務広報委員会

[構成員]

 委員長  網代 豊和  副委員長  岸野 昌史
 委員  高橋 広和    



[委員長方針]

 総務広報委員会では、組織全体に関する事務を扱うことが、その責務であると考えます。中でも当年度は、特に意識すべき点として、以下の問題意識を踏まえ活動を行ってまいります。

比企青年会議所は一昨年度、社団法人から公益社団法人へと移行致しました。これに伴い、会の組織・業務についての根本規則である定款が変更されました。まさに組織としての一大転換がなされたのです。従って昨年度の総務広報委員会では、新たな定款を基に、比企青年会議所の諸内規を見直しながら、各委員会における事業推進の下地を整える活動が展開されてきたのです。現状は内規整備の途中の段階にあると言えます。

 また広報活動では、これまでの諸先輩方が築き残してくださったホームページ(フェイスブック)、並びにJCアワーという貴重な広報媒体が大切に引き継がれて参りました。この広報媒体をより効果的に活用する為には、各媒体が果たし得ている広報の現状分析を行う必要性があると考えます。広報現状の把握と対応を繰り返すことで、より効果的な広報活動が展開できると考えるからです。

 上記の背景によって、本年度の総務広報委員会では、通常総会運営はもとより、諸内規の見直し、ホームページによる広報現況の確認、などを主な活動内容に据えて組織全体の事務を遂行してまいります。これらの活動を通じ、公益社団法人比企青年会議所という組織の土台を整え、堅固なLOM創りの一役を担ってまいります。

 最後になりますが、私は当青年会議所に入会し、生涯友情が続くこととなるだろう、貴重な仲間と巡り会えたと感じています。それは何にも代え難い貴重な宝物です。不思議なことですが、ここ(会議所)には、奉仕の活動精神が流れています。その流れは、例会に向けたJAYCEEの努力と地域での活動という形で表出し、人々に伝播していきます。人口減少、経済縮小を遂げていく今後の日本において、この精神のより強い伝播が地域の大きな希望となれるはずです。私もその精神の流れの中で、生涯の友情を確信するに至りました。我々は比企青年会議所にその流れを踏襲し、強く発揮してもらいたいと思っています。その為には、やはりLOMを根本から強くしていかねばなりません。総務広報委員会としては、LOMの諸内規整備の段階からしっかりとした基礎が築けるよう、第一歩を踏み出したく考え、私の最終年度のJC活動を展開していきたく思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

げんきっず委員会

[構成員]

 委員長  赤岩  文雄  副委員長  長倉 正弥
 委員  横川 雅也  委員 星野 祐一郎
 委員 宇野 貴則  


[委員長方針]

 近年、インターネットや携帯電話、テレビゲームの普及により、沢山の人との情報交換がインターネット上で出来る便利な現代の社会において、外で元気に遊ぶ子供たちが減り、人との触れ合いも減っています。そうした中で、挨拶や会話といったコミュニケーションの取り方が苦手な子供たちが増え、元来持っている豊かな感性を表現することができなくなってきています。

人は誰もが沢山の人たちと触れ合い、支え合っていく中で豊かな心を育み、元気になっていくのだと思います。子供は元気が一番。私たちが子供の頃、友達と山で虫を捕まえたり、探検をしたり、川で魚を取ったり、泳いだりした経験、体験での感動や友情、また外に出ることで地域の人と挨拶を交わしたり、会話をする中で人の温かさや思いやる心を学びました。このような経験や体験は未来を担う子供たちに伝えていく必要があると考えます。
げんきっず委員会では子供たちの元気を引き出す事業を展開していきます。

「嬉しい、楽しい、悔しい」などの感情をぶつけあい分かち合うことで、豊かな感性が育まれます。また、体験やスポーツを通じ技術の向上を図り、仲間を作るために会話や意見交換をすることで、コミュニケーション能力が育まれます。さらに、集団行動において一人ひとりが何をやるべきか考え、進んで行動することを身に付けます。この3つの要素を「心・技・体」と捉え、そのことを育むことで元気な子供になると考えております。
子供が元気になることで、家庭や地域が明るく豊かになり、思い遣り溢れる強い地域になると確信しております。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



自慢の故郷創造委員会
[構成員]

 部会長  新田見 隆  副委員長  関根 勝正
 委員  堀田周一郎  委員  吉野 貴香
 委員  外丸 浩行  



 [委員長方針]

 あなたにとって比企の自慢や誇りをとは?と問われたとき、皆さんはどのように答えるでしょうか? 自然豊かな・・・、名物の料理が・・・、若者がハツラツとしている・・・。その答えは千差万別だと思います。即答できない人も数多くいるのではないでしょうか。もちろん現在のまちが良くないわけではないし、現在のまちに多くの方々が誇りを持っているはずです。しかし消滅可能性都市という問題が浮き彫りになってきた現在、今後50年、100年先の未来に向けて、より一層魅力にあふれるまちを創造していく必要があると思います。比企青年会議所が2015年度に策定した中期ビジョン。その中に「故郷と呼べるまちづくり」という文言が盛り込まれました。それは単に生まれ育った場所ということではなく、心のよりどころという意味が込められています。そしてそれを実現していくために、連携・継続・強化を三つの柱に進んでいくことが決まりました。

 今年度、自慢の故郷創造委員会では、まちは人が作り、守るのも変えていくのも人であるという考えを基に活動をしていきます。比企地域には色々な自慢がありますが、我々青年がまちの活性化のために行動を起こしていることも一つの自慢です。そんな我々の活動を地域住民みんなに自慢と感じていただき、次世代に託せる比企を創り、思い遣り溢れるまちにして行こうではありませんか。

 9市町村にまたがる比企青年会議所の活動拠点には、数多くのまちづくり団体が存在しますが、そのすべてが共感しあい活動しているわけではないと思います。そこでここ数年続いている青年団体協働事業において、地域で活躍されている各種団体と連携するなかで、継続してきた信頼関係をより強固なものにしていくとともに、参加団体の輪を広げ、故郷を想う多くの仲間達とより強く意識の共有をはかり、我々自身がまちの自慢となり次世代に繋いで行けるコミュニティーを創っていきます。

 また、昨年度中期ビジョンを作成する上で、まちについて考える時間も多くまちのことをよく理解していると思っていた我々メンバーでさえも、比企の魅力を十分に共有出来ていなかった経験をふまえ、また来たい、連れてきたい、自慢したいと心から感じる故郷の魅力を多くの皆様に発信できるように、我々メンバー自身が共に学び、懇親を深め、比企青年会議を次世代へ託せる思い遣り溢れる組織としていきます。
そして、比企地域において取り組みが急務とされている有配偶率の向上に向け、9市町村にまたがり活動をしている唯一の公益法人であることを活かし、市町村という枠を超えた多くの方々と連携をはかり、比企地域を一つのコミュニティーとして捉えて、思い遣りにあふれ次世代に託せるまちにしていくために、地域住民以外の方々にも比企地域の自慢を知っていただく活動を行います。

そのような人と人との繋がりこそが思い遣りを伝播し、優しさあふれる強い地域を創ると信じ、そして多くの仲間と、故郷と呼べるまちの魅力を語り合い、次世代に託せるまちづくりをしていきます。

一人は皆のために。皆は一人のために。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

会員開発委員会

[構成員]

 委員長  矢島 央喜  副委員長 中島 慎一郎




[委員長方針]

混沌とする、先の見えない現代においても、公益社団法人比企青年会議所(比企JC)は、明るい豊かな社会の実現に向けて歩み続けます。それには、比企JCを動かす人(メンバー)が必要です。メンバーには40歳以下という年齢制限があり、一人でも多くの志高き、価値観の共有できる仲間を探し続けなければ比企JCは歩み続けることができません。比企JCは、5年間で会員が半数になりました。少ないメンバーで行う例会、事業の運営は難しく厳しいものです。やはり数は力です。一人でも多くの仲間が集まれば、LOMの活性化が図れ、活動の幅も広がります。一人ひとりの思い遣りが優しさ溢れる強い地域を創るためには、強い比企JCとしてメンバーの拡大が急務なのです。

会員拡大に関して、もちろん会員開発委員会が先頭に立って進めて参ります。ただ、誰か一人が拡大を進めて会員拡大が実現するものではありません。メンバー全員が拡大の必要性を認識し、メンバー同士が思い遣りを持ってこそ拡大は実現します。

比企地域には、この地を愛する志高き若者が必ず存在します。ただし、会員候補者となる青年の中には、青年会議所を知らない方も多くいます。そして我々もその青年と出会っておりません。会員開発委員会では、会員候補者が参加しやすい例会づくりを心がけます。広く浅いところから、比企JCの取り組みや活動内容を伝え、興味を持っていただいた方に、深く狭く理解していただき入会へと促します。また入会前後のプロセスとして、情報収集・整理、アプローチ、クロージング、アフターフォローを会員開発委員会が司令塔となり、メンバーに役割を担っていただき進めてまいります。そして、比企JCは日本青年会議所が掲げる拡大褒賞を目指します。また、新入会員には埼玉ブロック協議会への参加を促します。メンバーがLOMの例会等を通じて青年会議所の魅力を伝えるのはもちろんですが、ブロックへ出向き、多くの仲間と出会い学ぶことで、より魅力あるJAYCEEに成長することができるでしょう。

 結局最後はやるか、やらないかです。あなたと一緒にJC活動をしていきたい。その気持ちをぶつけましょう。比企のため、家族のため、あなたのため、自分のために。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

特別選隊 LOMストロンガ-

[構成員]

 議長 松本 敏行  副議長 中山 健太郎
 副議長高橋 宏之 委員野沢 勉
 委員高橋 広和 委員矢島 央喜



[委員長方針]

 昨年度、我々比企青年会議所は35周年を迎え、LOMメンバー全員で中期ビジョンならびに5ヶ年計画を策定いたしました。今年度はまさにその中期ビジョン「故郷と呼べるまちづくり」に向け、5ヶ年計画である「連携・継続・強化」に沿った歩みの第一歩を踏み出し、40周年に向け、その想いをしっかりと導いていく大事な年でもあります。

 しかしながら現在のLOM状況を見てみると、LOMメンバーの減少のみならず、経験や情報を持ったメンバーも少なくなってきています。このような状況下で青年会議所運動を比企の地で継続し、更なる推進を図っていくためには、新規メンバーの拡大のみならず、メンバー内の意識を高めながら志を同じくし、明るい未来のLOMを目指し、自らを成長させながら信じ合える仲間と共に歩んで行けるかに掛かっていると考えます。

 青年会議所での経験は決して平坦なものだけではなく、時には歯を食いしばり、時には迷路に迷い込み、時には激論を深夜まで交わし。だからこそ、青年会議所の活動で得られるものは、一生の宝であり、真の友情なのではないでしょうか。本気の活動を通じ、メンバー間での友情、また互いの成長を促進させていくことで、強いLOMそして人間味のある思い遣りを持ったメンバーになっていく。また、「魅力あるJAYCEEが、魅力ある活動を行う事で、魅力ある比企がつくられる。」このことは、時代が変わっても不変であり、今こそLOM全体として、そしてメンバー個々が、青年会議所の活動に魅力を感じ、楽しんで取り組んでいって欲しいと願っています。 

今年度、特別選隊LOMストロンガ-では、メンバーが魅力あるJAYCEEとなれるように、なぜ我々が地域で活動を行わなければならないのか、また地域にどのようなものを伝えていかなければならないのかを知って頂き、そしてメンバー家族にも魅力あるJAYCEEの活動を知ってもらう機会を設けたいと思います。

地域に思い遣りを持ち、メンバー・LOM・家族が一体となり、魅力ある比企を創れる様、会議体としての責務を果たしていきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------